USB/DAC & オーディオサーバー を食す

私のファイル再生お師匠さんが新製品を携えて店に来てくれました^^

まずはこれ!

I-O DATA ネットワークオーディオサーバー「Soundgenic」

向かって左側が「SSD:1TB」タイプのRAHF-S1
右側が「HDD:2TB」タイプのHDL-RA2HF

fidata技術を継承したお値打ちタイプ!

見た目は同じ・・・持った重量は全然違います・・・
さすがSSDはむっちゃ軽!この後SSDとHDDを比較試聴することに・・・

「重いことは良いことなのだ~」が逆の展開・・・
軽くて高い¥はオーディオ屋としてはいかがなものか・・・・
っと思うけど 納得せざるをえない・・・やっぱりSSD・・・


次にカバンから取り出たるは・・・

CHORD Qutest今、人気でなかなか手に入りにくいDACです

早速「Soundgenic」と接続して昨年末公開されたネットワークコントロールアプリfidata Music Appでファイル再生!

このシステム 6/3 まで借りてます!
ぜひ店頭でご試聴ください^^
※2018.05.28 追記
「Soundgenic」が急な入用でメーカーさんへ返却となってしまいました・・・現在 CHORD Qutest は6/3まで滞在予定です


その他にも

MYTEK 「BROOKLYN DAC+」ニューヨーク生まれのスタジオ育ち!
削ぎ澄まされたプロオーディオの香りがプンプンします
電源を入れてモニターに火が灯った容姿はなんともかっこいい!


さらに 上位モデル
MYTEKManhattan DACⅡ

かなり思い・・・クロコダイルのようなボディー!
重量級金属の塊のよう・・・なんとなくトランスフォーマーを想像してしまった・・・


DAC三昧の一日でした^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です