DELA 新製品「N10」and「N100」を試聴

ここのところ嬉しいことに新製品の試聴を立て続けに体験させていただいてますw

今日はDELAから新発売されました待望のハーフサイズ・デジタルミュージックライブラリー「N10」「N100」を聴き比べさせていただきました


まずは「N100」

HDD : 1TB 搭載のHDDトランスポートです

フロントパネルの操作スイッチでファイル再生をさせることができるのもDELAの魅力!LANが繋がってなくても内蔵HDDの音源ならこの操作スイッチでプレイさせることができます 以前のモデルと比較してスイッチは押しやすく感触のいいものになっているのは嬉しい


人気の marantz 「SA-10」にUSBをつなげてみます

徹底したアイソレーションを誇る「SA-10」のUSB-DACであればDELAのHDDトランスポートの性能と魅力を十分に発揮してくれるはず・・・

繋ぐケーブルはこれまたお初のUSBケーブル fidata「HFU2」アルミ削りだしの端子ホルダーがカッコイイ!そのしっかりとした重量でコネクター部の微振動抑制に貢献 電源ラインと信号ラインそれぞれ独立して配置された極太7mmパイ円形ケーブル、太さに似合わず柔らかな取り回しです カッチとした差し込みの感触がよりオーディオ心を満足なものに^^


再生してまず驚くのがハイレゾのダイナミックレンジがズバッと耳に入り込んできます 高域の高解像がグーンとアップした感、それに伴い一見気薄になりがちな中低域もしっかり突いてきます

今回はflac192kHz24bitのmoraサイトでダウンロードされた LionelRichie「セイ・ユー、セイ・ミー」を試聴曲にチョイス!やっぱしこの年代の曲を選んじゃうのだぁ~^^

こんなに音数が入ってた???
声はもちろん素敵・・・それ以上になにか初々しい感覚・・・なんてグルービーな伴奏なんだろう!当時聴いていたっと言うより全く新しい楽曲を聴いているような感じ・・・


この勢いで上位モデル「N10」を試聴

HDD : 3TB 搭載のHDDトランスポートです
なんと専用電源ユニット別体のぶっとんだモデルが登場!

電源モジュールは専用の5ピンケーブルでヘッドユニットに電源を供給
箱の1/4を占めるN10のために設計された大型トロイダルトランスとコンデンサバンクからなる独立筐体のリニア電源ユニット 言ってしまえばACアダプターで済むものをこんなコストをかけて電源を供給させているんですね~ それだけ電源って重要なんですね

ヘッドユニットも「N100」と比較して500g重い3.5kg
電源ユニットにおいては5kgのずっしとくるヘビーな感触
サイドパネルまでアルミの5面アルミ筐体
徹底したシールドとボディー剛性です

っで出てくるLionelRichieはというと・・・

「マスタ品質ってこういうことなんですね」っと感じるひと言
繊細な音粒、吐息の存在感、全体のスケールも見晴らしよく音楽の器の大きさの違いを見せつけられちゃいました

あと「N10」「N100」両機種とも実装OSがバージョンアップされているとのことでスマホアクセス時コントロールの操作性とジャケットやTAG情報のスピードが断然アップしているような感じがしてます

これは店のNASも入れ替えたい・・・

っでこの機会に展示機のHDD:2TBタイプ「HA-N1AH20/2」を売切り処分しちゃおうと思います お値打ちにしますよ~どうぞこの機会にご商談くださいませ

カテゴリーnews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です