ヤマハAVセパレート「CX-A5200」&「MX-A5200」&ソニー4Kプロジェクター「VPL-VW555」展示しました

昨年末 新発売された、ヤマハ・セパレート・AVプリアンプ「CX-A5200」 展示したブラックモデルに合わせてオーダーかけてた相棒のパワーアンプ「MX-A5200」ブラックモデルがようやく入荷しました!ヤマハさんはいつもご成約のお客様優先なのです^^・・・

っで「MX-A5200」に合わせて やらねばやらねばっと牛歩していた「VPL-VW555」の天吊り入替作業もやっちゃおぉ~っと・・・

けっこう大仕事なのです・・・

昨年末のイベントでも好評だったB&W「802D3」このスピーカーにはもうしばらくシアタールームで活躍してもらおう・・・重たくて動かすのがいやだ・・・さてこいつを鳴らすには・・・

そう、「MX-A5200」にはあらたに取り入れられた「BRIDGE」出力モードに対応しているのです^^ BRIDGE接続では1chで定格230Wもある高出力のパワーアンプを2ch分のパワーアンプを使用してひとつのスピーカーを駆動するのです・・・すっすごい・・・

今回はサラウンドバックを犠牲にしてフロント重視、BRIDGE接続 9.1chでいきましょう!いや今センターがないので8.1chになっちゃうなぁ~・・・

接続が完了したところで早速音場測定 今回は8か所マルチ測定で空間をしっかり補正してもらいましょう

何とか形になったかな^^~ もうちょっと追い込んでみようと思います

シアタールーム新しい機材入ったので視に来てね~^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です