2019イベント予告!「ネットAudio」!

2019最初のイベントは・・・

 


今年はやっとかなきゃ!

ネット Audio!
<supported by AUDIOSTATION>

 
  手軽に始める「ネットワークオーディオ」のすすめ・・・  
     
 

chapter
楽しいネットオーディオ!
ネットワークオーディオのすすめ~魅力をご紹介~

chapter2
スタジオマスターを聴いてみよう!
ハイレゾの魅力「スタジオマスターサウンド」に迫ります!

chapter3
小技でもっと楽しく!
音源の入手方法やら・・・データー管理方法やら・・・などなど

chapter4
あなたのCDプレーヤーがハイレゾプレーヤーになる!
「Meridian218」を使用して「MQA-CD」を試してみよう!

 

「ハイレゾ」やってみたいな~・・・でも「ファイル再生」「ネットワーク」「ダウンロード」・・・こんな言葉に抵抗を覚え何やらめんどくさいなぁ~と感じている方!まずはこのイベントをご体験ください!「ハイレゾ」の魅力と使い方を優しくひも解き 楽しい「ネットオーディオ」の世界へ誘います^^

好評いただいております中谷氏講演「ネットAudio!」シリーズ 第3段!

今回は特に「スタジオマスター」をキーに「ネットAudio」と「ハイレゾ」の実用事例を織り交ぜながら解説していきます 話題の「MQA」も登場!どうぞご期待ください

※ 2019.1.5 現在…告知内容に沿ってプログラムを製作中ですが 諸事情により内容の変更もございます 今後のWeb情報にご案内していきます どうぞご容赦願います


  開催概要
  title   「今年はやっとかなきゃ!ネットAudio!」
<supported by AUDIOSTATION>
  date    2019.1/19(sat)
  time

 

<開催時間割> 14:00~17:00

定員:15名程度(ご予約優先)

  staff  

講師
中谷彰 / Akira Nakatani
AUDIOSTATION 代表

イベント案内人
樋口浩次 / Koji Higuchi
Yokkaichi musen

  ticket  

参加無料 <ご予約優先>
※定員内で予約なしでもご試聴できますが ご予約のお客様優先でのご案内となります 事前に お電話:059-345-0931 または「イベント申し込みフォーム」よりご予約くださいますとスムーズなご案内ができます

  place   四日市ムセン
2F オーディオルーム

510-0884 三重県四日市市泊町4-12    tel : 059-345-0931


ありがとうございます
イベントお申込み、定員に達し受付終了いたしました
(交通機関でご来場のお客様は若干空きがございます)

「イベントお申し込みフォーム」

※ご連絡方法としてメール・電話、どちらかのご記入にご協力ください

※お電話でのお申込み お問い合わせは 059-345-0931 まで
(当日のお申し込みはお電話にてご確認ください)


 

準備予定の機材たち

Meridian 218 (メリディアン218)

話題の「MQAーCD」再生をスマートに楽しめる「メリディアン218」をデモンストレーション!あなたのCDプレーヤーがハイレゾプレーヤーになる!「MQA-CD」を試してみよう!


他、etc・・・


※進行上、試聴機材・内容等が変更される場合がございます 予めご了承くださいませ


  他の試聴室では通常試聴を行っております
   
  オーディオ・ホームシアターをこれからはじめられる方、
  ステップアップをご検討の方、
  お好みの音色をお探しの方、

ご来店お待ちしておりますぜひ、ご相談くださいませ


※イベント告知掲載 photo 及び 動画コンテンツ は メーカーWebサイトからの引用が含まれております


 

売り出しイベント「歳末セール!」開催

  歳末セール!  

売り出し期間:2012.12.7~30

毎年恒例「歳末セール!」を開催いたします

1年間のご愛顧に感謝を込めて歳末ならではの特別ご商談!

歳末セール!情報

ご来店プレゼント!2019カレンダー」

※数に限りがございます お早目のご来店を!なくなり次第終了です


さらに売り出し期間中には感動体験イベントも開催!

2018.12.15 and 16 ヤマハ試聴会イベント
ヤマハHiFiフラッグシップ[#5000シリーズ]試聴会
ヤマハAVフラッグシップ [CX-A5200/MX-A5200]視聴会

 

2018.12.22 and 23
ハイレゾ・MQA体験イベント(後日詳細Up予定)
真空管アンプで聴こう イベント(後日詳細Up予定)


展示品は商品入替のためのさらにお値打ち!

他にもメーカー生産完了型落ち品!訳ありアウトレット商品!

いずれもお買い得な今だけプライス!売切れごめんの早いもの勝ちです!

オーディオ製品も、ホームシアター製品も、欲しかった品をお値打ちにお買求めできるチャンスです どうぞこの機会にご商談くださいませ!

歳末セール!情報

※商品は随時 追加・変更されます お楽しみに^^

 

12.15 and 16 YAMAHA Emotion Days

これはヤバすぎる!ヤマハフラッグシップが四日市にやってくる!

 


YAMAHA「HiFi」&「AV」
フラッグシップ W試聴会
<supported by YAMAHA>

 
  「ピュアオーディオ and ホームシアター」体験イベント  
     
 

なにがWダブルかって? そうこの2日間はヤマハが 今・冬・春 発売する話題の「HiFi」と「AV」のフラッグシップモデル「#5000シリーズ」&「A5200シリーズ」が一挙にステージに立つ特別な試聴会なんです!

「HiFi」と「AV」が一度に揃うのはめったにないチャンス!

「HiFi」も「AV」も、ヤマハ最高のステージでご体感していただき、真の音楽の楽しみ、映画の楽しみ、ヤマハのEmotion(感極まる感動)を受け止めてください

 

当日はヤマハ・レコードプレーヤー「GT-5000」登場! 何といってもこのプレーヤーを身近で体験できる最大のチャンスです!


※「HiFi」・・・※「AV」・・・とも
セミナー開催時間以外はフリーでご体験いただけます
お時間にご都合のつかないお客様にも ぜひこの機会にお楽しみくださいませ
(イベント開催中 Open 11:00 ~ Close: 17:00 までの間、ご自由な時間でどうぞ)



※写真は2018.8に行われた研修会の模様

「HiFi部 ヤマハさんからのコメント・・・」

ヤマハの新しいHiFiフラッグシップ#5000シリーズの試聴会を開催致します。来春発売予定の新商品ターンテーブル「GT-5000」、12月発売の新商品セパレートアンプ「C-5000」、「M-5000」に発売より好評をいただいておりますスピーカー「NS-5000」を加えたHiFiフラッグシップ#5000シリーズの実力をご試聴いただけます。入り口から出口までオールヤマハで貫いた音楽表現をぜひご体感下さい。 皆様のご来場心よりお待ち申し上げます。


※写真は2018.8に行われた研修会の模様



※写真は2018.8に行われた研修会の模様

「AV部・ヤマハさんからのコメント・・・」

ヤマハAVフラッグシップ機[CX-A5200/MX-A5200]新製品視聴会を開催致します。最適な音場効果をリアルタイムに創出する革新的サラウンド体験「SURROUND:AI」や2基のESS社製D/Aコンバーター「ES9026PRO」の搭載したフラッグシップAVプリアンプ「CX-A5200」と多彩なスピーカーアサインを可能にするチャンネルセレクターに加えて、新たにBRIDGE出力モードも装備した11chパワーアンプ「MX-A5200」が表現する圧倒的な臨場感をこの機会に是非ご体感ください。 皆様のご来場心よりお待ち申し上げます。

「店長からのコメント・・・」

こんな年末の忙しい時になんで・・・ってお声も聞こえてきそう・・・そうなんですもっと早くにしたかったんです・・・かれこれヤマハのGTが復活するってって耳にしてからどのくらい歳月がたったのでしょう・・・約2年前、NS-5000のスピーカー登場以来 待ちにまったこの瞬間 やっと皆様の目の前にお披露目できるオールヤマハで構成されたフラッグシップ「#5000シリーズ」の登場です ただただお待たせしていたわけではありません ヤマハファンの方に更なる感動ステージへ誘うべきヤマハフラッグシップとしてエンジニアが温め続けてきた理想の音楽再生が実現されたわけです 今年の8月に研修会で聴かせていただいた依頼、私も今回の完成度にワクワクが止みません 皆様とご一緒にこのヤマハの新たなオーディオステージへの船出を楽しみたいと心から思っております 私の狙いは「GT-5000」 来年の春発売予定でありますが この時期にこのシステムで体験できるのは貴重な経験となってもらえるはず 本当に皆様お忙しい最中で恐縮ですが心潤う試聴会になることはお約束いたします 是非ご参加くださいませ^^

AVの部につきましては先行して絶賛発売中「CX-A5200」サラウンドAIの魅力と刷新されたDACにはすでにドはまりしていただいたお客様も多いはず・・・合わせてこの度さらに進歩した11chマルチパワーアンプ「MX-A5200」が登場となります 発売に先駆けていち早くご体感いただけるチャンスです!「MX-A5200」のポテンシャルを最大限に体験していただけるようスピーカーにはB&Wの800シリーズをご用意します 私がまずこの「CX-A5200」&「MX-A5200」を聴いて感じたことはスペック、性能力、のすばらしさと共に「感性に響く」温かいものを持っているということ・・・冒頭のアイキャッチ画像のように「かわいい」「楽しい」「うれしい」という感情が映画のシーン・シーンでグッときます 「感極まるシーン」これはマジ泣きますT^T・・・ どうぞこころ震わしたい方お待ちしてます^^


当日のセミナーでは「HiFi」「AV」とも、ヤマハ専任の講師陣を招き「心ゆさぶる」音楽と映画で皆様に泣いていただこうと企んでおります・・・

「HiFi」の講師、井上氏はご自身もオーケストラで演奏家の経験を持つスペシャリスト 演奏家の表現をヤマハ最高のフラッグシップでどのようにアプローチされるのか、私も今から楽しみでなりません 井上氏の試聴会では時折飛び出す「演奏家の観点から見た音楽のお話」も魅力~時間延長も必至!プログラムの枠に収まる気がしません・・・どうぞお楽しみに!

「AV」の講師、江嶋氏はバンドマンの経歴をもつ演者でもあり最新のAV市場に精通するマルチプレーヤー!この人マジ詳しいです・・・機材のセッティング作業を見ていると さすがバンドで培ったお客様を感動に導く落としどころをピンポンで的確にピッしピッしっと決め打ちしていきます!今回「ヤマハAVアンプ」に挑む メイン・センター・サラウンドスピーカーは「B&W800シリーズ」このド級スピーカーたちを江嶋氏がどう料理してくれるのかも聴きどころですよ~「AV」試聴会ではハンカチをお忘れなく・・・

※ 2018.12.2 現在…急遽イベント企画にて 現在、告知内容に沿ってプログラムを製作中ですが 諸事情により内容の変更もございます 今後のWeb情報にご案内していきます どうぞご容赦願います


 

2018.12.15(sat) and16(sat)
YAMAHA「HiFi」&「AV」
フラッグシップ W試聴会

開催概要

※「HiFi」・・・/// pure audio ///
  title  

ヤマハHiFiフラッグシップ[#5000シリーズ]試聴会
<supported by YAMAHA>

  date
/
time


 

<開催時間割>セミナー形式
2018.12.15(sat)
 1ステージ 18:00~19:30

2018.12.16(sun)
 1ステージ 15:00~16:30

ステージ90分程度を予定してます

各回定員:15名様程度(ご予約優先)

  staff  

講師
井上誠治 / Seiji INOUE
YAMAHA MUSIC JAPAN

イベント案内人
樋口浩次 / Koji Higuchi
Yokkaichi musen

  ticket  

参加無料 <ご予約優先>
※定員内で予約なしでもご試聴できますが ご予約のお客様優先でのご案内となります 事前に お電話:059-345-0931 または「イベント申し込みフォーム」よりご予約くださいますとスムーズなご案内ができます

  place   四日市ムセン
2F オーディオルーム
510-0884 三重県四日市市泊町4-12    tel : 059-345-0931
※「AV」・・・/// home theater ///
  title  

ヤマハAVフラッグシップ [CX-A5200/MX-A5200]視聴会
<supported by YAMAHA>

  date
/
time


 

<開催時間割>セミナー形式
2018.12.15(sat)
 1ステージ 15:00~16:30

ステージ90分程度を予定してます

各回定員:15名様程度(ご予約優先)

  staff  

講師
江嶋康真 / Yasumasa ESHIMA
YAMAHA MUSIC JAPAN

イベント案内人
樋口浩次 / Koji Higuchi
Yokkaichi musen

  ticket  

参加無料 <ご予約優先>
※定員内で予約なしでもご試聴できますが ご予約のお客様優先でのご案内となります 事前に お電話:059-345-0931 または「イベント申し込みフォーム」よりご予約くださいますとスムーズなご案内ができます

  place   四日市ムセン
2F シアタールーム
510-0884 三重県四日市市泊町4-12    tel : 059-345-0931

※「HiFi」・・・※「AV」・・・とも
セミナー開催時間以外はフリーでご体験いただけます
お時間にご都合のつかないお客様にも ぜひこの機会にお楽しみくださいませ
(イベント開催中 Open 11:00 ~ Close: 17:00 までの間、ご自由な時間でどうぞ)


「イベントお申し込みフォーム」

※ご連絡方法としてメール・電話、どちらかのご記入にご協力ください



 ※ホームシアター
  ヤマハAVフラッグシップ CX-A5200/MX-A5200 視聴会


 ※ピュアオーディオ
  ヤマハHiFiフラッグシップ #5000シリーズ 試聴会


 ※ピュアオーディオ
  ヤマハHiFiフラッグシップ #5000シリーズ 試聴会

※お電話でのお申込み お問い合わせは 059-345-0931 まで
(当日のお申し込みはお電話にてご確認ください)


 

準備予定の「YAMAHA」たち

発売前の製品も数多い貴重なチャンスです!
ヤマハの真髄がここに集結!!

「HiFi」会場・・・

プリアンプ・YAMAHA
C-5000


パワーアンプ・YAMAHA
M-5000


ターンテーブル・YAMAHA
GT-5000


スピーカー・YAMAHA
NS-5000


「AV」会場・・・

AVプリアンプ・YAMAHA
CX-A5200


11chパワーアンプ・YAMAHA
MX-A5200


メインスピーカー・B&W
802D3


センタースピーカー・B&W
HTM2D3


サラウンドスピーカー・B&W
804D3


他、etc・・・


※進行上、試聴機材・内容等が変更される場合がございます 予めご了承くださいませ


  他の試聴室では通常試聴を行っております
   
  オーディオ・ホームシアターをこれからはじめられる方、
  ステップアップをご検討の方、
  お好みの音色をお探しの方、

ご来店お待ちしておりますぜひ、ご相談くださいませ


※イベント告知掲載 photo 及び 動画コンテンツ は メーカーWebサイトからの引用が含まれております


 

“RSA-M88” SPEC リアルサウンドアンプ新製品

“RSA-M88” SPEC リアルサウンドアンプの新製品を引き連れて当店ではもうお馴染み スペック株式会社  石見氏と前島氏がご来店 これから12月にかけて出荷開始される前に特別試聴させていただきました

一体型リアルサウンドアンプシリーズの中では リファレンスモデル「RSA-F11」と「RSA-M5」の間、¥780,000(税抜き)

まずハット変化に気づくのはインプットセレクターがヴォリュームと同じデザインでシンメトリーに・・・さらにリング照明色が電球色から昼光色に・・・シンプルさに磨きがかかり高級感が増した感じです

こんかいフルサイズシーリーズでは初となる「響一」コンデンサーを電源部に採用!美しい余韻と力強いエネルギー感が特徴です

スペックこだわりの筐体を支える足元はスプルース積層ソリッドパネルをベースに貴重な北海道産イタヤカエデをインシュレーターに、一部分にはヒッコリーを埋込み木の密度を調整して最適で滑らかな振動特性を確保されているとのこと、楽器のような自然な響きを演出してくれてます

入力は5つ RCA:3入力 XLR:2入力
ノーマルモードとパワーアンプダイレクトモード切替SWも健在です

試聴はプロトタイプ!入力系の並びと数が異なってます・・・こういったレアな機種を見れるのも発売前の楽しみ^^


スペックのアンプはプリメインアンプと呼びません・・・呼んだら石見社長に怒られちゃいます・・・^^ 「リアルサウンドアンプ」と呼びます・・・音楽家の意図する細やかな感性からダイナミックな情熱まで余すところなく表現するため初号機以来 一貫して継続されているPWM方式を採用したDクラスアナログアンプ回路設計 このアンプ回路を最大限に生かすためパワー段で音量調整する「ピュアダイレクトシステム」とうい伝送システムをとってます ゆえにプリという概念がスペックのアンプには無いのです これがスペック最大の魅力とも言えるのではないでしょうか、開放された音楽の感性がリアルに響きます

今回新発売される「RSA-M88」はそんなライブ感あふれる自然な音場で特に中域から高域にかけて味のある仕上がりに感じました、国内14機種目となる本機だけあってPWM方式の完成度の高さは上位モデル「F11」にも匹敵する魅力を感じます いやいやそれ以上に軽快で抜けるような音楽には度肝を抜かされた感動でした スペックさんありがとうございました

12月中下旬 店頭展示予定です どうぞお楽しみに・・・

 

SL-1000R Technics リファレンスターンテーブル 明日まで試聴室に!

以前から興味津々のテクニクス・ターンテーブルが飛び入りで試聴室に
テクニクスさんがお見えになられて置いていってくれましたw

なんと!明日、金曜日(2018.11.23)は試聴室にあります!ありがたや~

一度聴いてみたい方!突然ですがこの機会にどうぞ!

突然すぎてごめんなさい・・・土曜日の回収便で返さないといけんとです・・・
19:00閉店に間に合わない方、ご連絡いただければ、21:00ぐらいまでならお付き合いしますよ~ (だれも連絡なかったら帰っちゃいますけど・・・)

とにかく私、明日は聴きまくらせていただきます~

新開発のコアレス・ダイレクトドライブ・モーターが力強い高トルクで重量級プラッターを余裕かつ安定した回転制度でシームレスに稼働 とても7.9kgのプラッターを回しているとは思えない初動トルクです ほんの数秒で安定回転数に到達してます

重量級プラッターは3層構造の超剛性と徹底したバランス管理を施した精度で測定限界とも言えるワウフラッター0.015%の安定した回転精度を誇ってます

1層面には10mm厚の真鍮 その外周には比重が大きいタングステンウエイトを12個埋込、2層面にはアルミダイカスト製の台座、3層面に高減衰ラバーを施し、なんと約1トン/㎠に及ぶ慣性質量を実現されているとの事

動画はレコード盤のゆがみが気になっちゃいますけど 実際は盤が吸いついているかのような滑らかさです

徹底したノイズ影響排除のため 電源回路はセパレート!
とにかくS/Nハンパない 回転数もモニタリング

純正のユニバーサルはなんと手曲げ!ここにも卓越した職人技が見受けられます!

しばし made in Japan の職人技に見惚れてしまいます・・・

聴かせていただいた第一印象は評判通りの安定感、できることならターンテーブルに乗っかって氷上を滑るような滑らかな加速を身をもって体験してみたい^^間違いなくレコードに刻み込まれた音溝を的確にとらえてます そのせいもあるのでしょうレコード特有のワイドレンジの中に中域の厚みが際立ちます それでいてクセのないニュートラルなイメージでしょうか・・・

とにかく面白い!明日めいいっぱい楽しませていただきますw

ご一緒にいかがぁ~^^ 

12月20日発売!ESOTERIC SACD 新譜リリース・ニュース

ESOTERIC SACD 新譜リリース・ニュース


2018年12月20日 発売

ブラームス:交響曲全集 他
ハイドンの主題による変奏曲 作品56a
大学祝典序曲 作品80
悲劇的序曲 作品81
クラウディオ・アバド(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

品番: ESSG-90192/94(3枚組)
仕様: Super Audio CDハイブリッド
ジャンル:交響曲



ご予約承ります どうぞお早目に!

AVアンプ導入事例「名作っていつまでたっても泣けるw~」

ひさびさの「Users room」の投稿っす!

今回のミッションはレーザーディスクの再構築 & 最新サラウンド「DOLBY ATMOS」!

私が入社時代から大変お世話になってるオーナー様、当時先輩についってって離れのシアタールームに何度かおじゃまさせていただきました 木の香りが立つバーカウンター付きのログハウスホームシアターにビックリ! 先輩が繋いでいく複雑な接続にちんぷんかんぷん・・・だったなぁ~って感じです・・・

さて、長年ご愛用いただいてきたAVアンプもいよいよ音に歪みが・・・
っで今回最新のAVアンプに更新していただくことになりました^^

課題はレーザーディスクをどう接続するか・・・です

ここで思い出していただこう・・・

レーザーディスクには終盤期「DOLBY DIGITAL」の音声フォーマットに対応してきたことを・・・

そうです この「DOLBY DIGITAL」をどう鳴らすかです

そもそもレーザーディスクの音声フォーマットには2ch分のアナログ信号を再生する対応しかなく 5.1chの音響効果を再生するためには レーザーディスクに追加信号として含まれた「AC3-RF」から出力される音声信号をデジタル変換する必要があったのです

※「AC3」ドルビー研究所が提唱したマルチチャンネルのオーディオ圧縮方式 Audio Coding number3 

当時(1995~年代?)には当然のようにAVアンプ側で「AC-3」入力端子があったのですが DVDの普及につれいつの間にか端子は無くなり むろん現代のAVアンプに搭載された機種は見当たらないのです・・・

※オーナ様、当時 PIONEER / DVD 1号機も所有・・・むろん健在です

そこで今回ご用意したのが lexicon「LDD-1」中古の品
その名も「AC-3/RF DEMODULATOR」AC3-RF音声信号をデジタル変換してくれる優れもの これまたマニアのご贔屓先様よりこういう時のためにお声がけいただいてた製品を譲っていただきましたのさ~

有名なYAMAHA 「APD-2」という製品もありましたが もともと業務用のlexicon「LDD-1」では通常のS/PDIFデジタル信号もパススルーしてくれてAC-3信号の入った時だけLOCK!してくれるんです

ぶっつけ本番でしたが無事 AC-3 を LOCK!LOCKランプが点いたの初めて見たw

AVアンプ側もキチンと5.1chで受けてくれてます^^

っで LD版「タイタニック」をかけていただいたのですが これがこれが・・・いいではないですかぁ~ちょっと驚きの臨場感です!分解能というより各chの音の分厚さがすごい!タイタニック号が氷河にぶち当たって進むシーンなんぞは耳を疑うほどの迫力!最新のAVアンプでならすとこうなるのか~っとオーナー様も驚きを隠せないご様子・・・

まだまだ続々とラックの中から「DOLBY DIGITAL」LD版が 全部視直すこと必至ですね~

良かった良かった無事レーザーディスク再構築成功です^^

他にも現役ベータ―、レコードプレーヤー、DVD初号機も接続、

新たにBD再生専用機も追加ご導入いただきました

今回ご導入させていただいたヤマハのAVアンプ「AVENTAGE」では「シネマDSP」と「DOLBY ATMOS」のかけ合わせができ 最新のブルーレイはもちろん旧作のレーザーディスクやDVDなどの名作、傑作もすごく楽しめるAVアンプなんです~ ぜひ皆様も当店でご体験はいかがですか?

いやぁ~今晩は貴重な体験をさせていただきました

セッティング後のホットコーヒー心に染みました

オーナー様まことにありがとうございました

12月10日発売!ESOTERIC SACD 新譜リリース・ニュース

ESOTERIC SACD 新譜リリース・ニュース


2018年12月10日 発売

ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第7番
カルロス・クライバー(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

品番: ESSG-90190
仕様: Super Audio CDハイブリッド
ジャンル:交響曲




2018年12月10日 発売

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
シューベルト:交響曲第5番
カール・ベーム(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

品番: ESSG-90191
仕様: Super Audio CDハイブリッド
ジャンル: 交響曲


入荷しました
数に限りがございます どうぞお早目に!

DELA 新製品「N10」and「N100」を試聴

ここのところ嬉しいことに新製品の試聴を立て続けに体験させていただいてますw

今日はDELAから新発売されました待望のハーフサイズ・デジタルミュージックライブラリー「N10」「N100」を聴き比べさせていただきました


まずは「N100」

HDD : 1TB 搭載のHDDトランスポートです

フロントパネルの操作スイッチでファイル再生をさせることができるのもDELAの魅力!LANが繋がってなくても内蔵HDDの音源ならこの操作スイッチでプレイさせることができます 以前のモデルと比較してスイッチは押しやすく感触のいいものになっているのは嬉しい


人気の marantz 「SA-10」にUSBをつなげてみます

徹底したアイソレーションを誇る「SA-10」のUSB-DACであればDELAのHDDトランスポートの性能と魅力を十分に発揮してくれるはず・・・

繋ぐケーブルはこれまたお初のUSBケーブル fidata「HFU2」アルミ削りだしの端子ホルダーがカッコイイ!そのしっかりとした重量でコネクター部の微振動抑制に貢献 電源ラインと信号ラインそれぞれ独立して配置された極太7mmパイ円形ケーブル、太さに似合わず柔らかな取り回しです カッチとした差し込みの感触がよりオーディオ心を満足なものに^^


再生してまず驚くのがハイレゾのダイナミックレンジがズバッと耳に入り込んできます 高域の高解像がグーンとアップした感、それに伴い一見気薄になりがちな中低域もしっかり突いてきます

今回はflac192kHz24bitのmoraサイトでダウンロードされた LionelRichie「セイ・ユー、セイ・ミー」を試聴曲にチョイス!やっぱしこの年代の曲を選んじゃうのだぁ~^^

こんなに音数が入ってた???
声はもちろん素敵・・・それ以上になにか初々しい感覚・・・なんてグルービーな伴奏なんだろう!当時聴いていたっと言うより全く新しい楽曲を聴いているような感じ・・・


この勢いで上位モデル「N10」を試聴

HDD : 3TB 搭載のHDDトランスポートです
なんと専用電源ユニット別体のぶっとんだモデルが登場!

電源モジュールは専用の5ピンケーブルでヘッドユニットに電源を供給
箱の1/4を占めるN10のために設計された大型トロイダルトランスとコンデンサバンクからなる独立筐体のリニア電源ユニット 言ってしまえばACアダプターで済むものをこんなコストをかけて電源を供給させているんですね~ それだけ電源って重要なんですね

ヘッドユニットも「N100」と比較して500g重い3.5kg
電源ユニットにおいては5kgのずっしとくるヘビーな感触
サイドパネルまでアルミの5面アルミ筐体
徹底したシールドとボディー剛性です

っで出てくるLionelRichieはというと・・・

「マスタ品質ってこういうことなんですね」っと感じるひと言
繊細な音粒、吐息の存在感、全体のスケールも見晴らしよく音楽の器の大きさの違いを見せつけられちゃいました

あと「N10」「N100」両機種とも実装OSがバージョンアップされているとのことでスマホアクセス時コントロールの操作性とジャケットやTAG情報のスピードが断然アップしているような感じがしてます

これは店のNASも入れ替えたい・・・

っでこの機会に展示機のHDD:2TBタイプ「HA-N1AH20/2」を売切り処分しちゃおうと思います お値打ちにしますよ~どうぞこの機会にご商談くださいませ

LUXMAN アナログレコードプレーヤー「PD-151」もうすぐ発売!

2018.10にリリース発表されましたラックスマン・アナログレコードプレーヤー「PD-151」今日はラックスマンさんが来て試聴をさせていただきました

店頭の会話や道路の走行音が入っちゃいました・・・すいません・・・

なんとスムーズで安定感のある回転、静寂でシームレスなベルトドライブの魅力がS/N高く冴えわたります

発売はもうすぐ・・・11月下旬と迫り 完成度の高さを体験

「PD-151」に採用されているモーターは「ラックスマン新開発オリジナル高精度ブラシレスDCモーター」朝ドラの「半分、青い。」でそよ風ファンは「DCブラシレスモーターが鍵!」っとりつが言ってました そう、その高くて高精度なモーターをラックスマンがこのプレーヤーのためにオリジナルで造っちゃいました

価格は先行モデル「PD-171A」よりぐ~ンとコストパフォーマンスを高めて 希望小売価格¥298,000(税抜)より多くの方々に本格的なベルトドライブアナログプレーヤーの醍醐味を味わっていただくことに主眼をおいたコンセプト この価格帯でここまでの精度をたたき出すとはさすがです

さて、何を聴かせていただこうかっとレコードを物色してた時、クロネコさんからお届け物が・・・なんという偶然・・・予約注文してたアルバム・宇多田ヒカルさん「初恋」が届いてきたではないですか! 本当は閉店後まったりと一人で楽しもうとしてたのに~っと思いながらも開封・・・

今回のアルバム 生産限定盤のシリアルナンバー入り

ますます空けなきゃよかったと・・・後悔・・・も一瞬で音出たら吹き飛びますた!おおおおぉ~ってインパクトです!


「PD-151」のご予約も承ります

どうぞよろしくお願いいたします