roonに挑戦!

最近レコードにハマり過ぎて・・・少々ファイル再生を怠ってました・・・反省・・・っで遅ればせながら昨今話題の音楽プレーヤー「roon」に挑戦してみました

いつかは「roon」やってみなくちゃな~って・・・でも難しそうだしなぁ~・・・有料だしなぁ~・・・そこそこのパソコンも要るようだし・・・なぁ~んて新しいことにチャレンジするのが気後れしてました私・・・

roon曰く「音楽愛好家のための音楽プレーヤー」とはどのような魅力を感じさせてくれるのか非常に楽しみです^^

さっそく準備に取り掛かります・・・まずは概要から検索してみることに・・・

「roon」の仕組み Webページ参照

なるほど・・・アプリを制御する「control apps」、様々な音楽コレクションを管理し、デジタルライブラリを構築する芯の部分「core」、オーディオデバイスにストリーミングし再生出力する「outputs」 この3部構成で成り立つようだ・・・

当店の場合、 「control apps」には「ipod」、「core」にパソコン、 「outputs」にはESOTERIC ネットワークプレーヤー「N-05」を利用することにしよう! 「N-05」は2019.5にこの「roon」に正式対応するようになっていたのです

roonの「core」に立たせたパソコン自体、常に音楽サーバーとしてファイルを保管するだけではなく、ライブラリー管理をするための情報更新や「control apps」「outputs」からのアクセス要求を受けるため、「core」システムが常駐化するものと思えます そのためできれば音楽専用に1台パソコンを占有させたいのが心情・・・音楽を聴きたいときにいつでもアクセスできるよう基本電源を入れっぱなしのことを考えると省電力でかつ静音性も大事なポイント

まずはパソコンを用意しなくちゃっと言うことで辺りを見渡すと 普段仕事使いのPCと、持ち歩きように古いmacbookが1台、あと商売柄、手元に壊れたPCがあれこれ4台・・・ 最近はiphonとipadでほぼほぼ片付くもので・・・

今回はなるべくお金をかけずに・・・どこまでできるか挑戦・・・壊れた4台のPC

残骸・・・ごめんね~

まともに動くパーツを抜き取り1台に・・・まあまあ綺麗に出来上がりました・・・がwindows10がサクサク動作するには到底役不足!諸先輩方の「roon」の体験談を拝見する限りでも能力の高いPCがどうも必要らしい・・・ではOSを軽いもので行けばっと思い調べてみると「roon」はLinuxにも対応しているではないか!これなら行けるかもっと早速インストール・・・

使用させていただいたOSはLinuxをベースとした ディストリビューション 「Ubuntu」を使用・・・「Ubuntu」の語源は南アフリカのズールー語の言葉で「他者への思いやり」を意味するとのこと、まさに誰もが入手できるうえ、非常に軽量、自由なソフトウェアで基本的には無料なのです・・・「roon」のダウンロードページには「Ubuntu 15.10」の検証済みとありますが、現在無料の長期サポート付のバージョンは「Ubuntu Desktop 18.04.4 LTS」、まあ何とかなるでしょ!っと軽い気持ちでスタート・・・

Ubuntuのインストールには結構容量がいるのでUSBを使用しました・・・稼働している他のPCからubuntuのダウンロードサイトにアクセスし、インストールisoファイルを入手、そのままUSBへコピーするだけでは起動しないので、起動可能なUSBを作成するアプリでインストールUSBを作成

https://jp.ubuntu.com/download
ubuntuのダウンロードサイト

https://rufus.ie/
起動可能なUSBフラッシュドライブ(USBメモリなど)を作成したり、フォーマットをするためのソフトウェア  

他にもwindousやMacOSとブータブルできるアプリがあったり情報も結構多く出ているので調べていろいろ試してみるのも面白いかも・・・OSなのであくまでもバックアップありきの自己責任で・・・

寄せ集めたパーツからOS起動ドライブに180GBのSSD、音楽ファイルの保存先には1TBのHDD×3多少のセクター破損は目をつむり先に進みます・・・

なかなかサクサク快速・・・これだけのOSが無料で使用させていただけるなんて感謝しかない・・・もう少し「Ubuntu」で遊びたいところですが、先を急ごう・・・

では肝心の「roon」をインストール・・・「roon」の公式Webサイトにアクセスしてインストールファイルをダウンロード・・・今回は「Roonサーバー/Linux(x64)」を選択、同時に使用するための登録 SIGN UP もこの機会にしておきます・・・登録は名前(フルネーム)と、メールアドレス、パスワード、誕生年の登録、合わせてお試し期間終了後の料金引き落としクレジットカードの登録をします roonの使用料金はサブスク方式で最初14日間のトライアルの後 $119 / 1年、または永久使用版の$699の選択になってます・・・けっこう高い・・・もちろん私は1年更新で・・・

https://roonlabs.com/downloads
「roon」公式ダウンロードサイト

https://kb.roonlabs.com/LinuxInstall
「Roonサーバー/Linux(x64)」ダウンロードサイト

登録が完了すると公式Webサイトで Sign In して情報を確認、変更できます

ダウンロードサイトの注意書きにもありますように、roon severインストールの前に準備しておかないといけないことがあります、私は最初あわよくばと何もせずにインストールしましたが案の定失敗しました・・・途中でエラーになります・・・

使用状況によっても異なるかと思いますが私は下記の3点をインストール前に実行して無事インストール成功しました

$ sudo apt-get install ffmpeg
動画と音声を記録・変換・再生するためのフリーソフトウェア「ffmpeg」の導入

$ sudo apt install cifs-utils
共有フォルダーのマウントするための必要なパッケージ「cifs-utils」の導入

$ sudo apt install curl
データ転送を行うコマンド「curl」の導入

これらの事前準備を行ってから「roon」をインストールすると
$ curl -O http://download.roonlabs.com/builds/roonserver-installer-linuxx64.sh
$ chmod + x roonserver-installer-linuxx64.sh
$ sudo ./roonserver-installer-linuxx64.sh

successしたみたい・・・

インストールが完了すると自動的に「roon」の「core」がシステムに組み込まれます・・・一見何も変わらない・・・ほんとにインストールできているのか不安なくらい・・・なにも変わらない・・・でも ipad に「control apps」の部分「Roon Remote」アプリをインストールして起動してみると・・・即座に「Ubuntu」のPCが現れました^^

そうなんです・・・Linuxの場合「roon」の「core」部も 「control apps」 から設定するんです・・・
増設した1TB/HDDがそれぞれ現れ音楽ストレージホルダーとして設定します
同一のネットワーク上につながっている 「outputs」 の部分、ネットワークプレーヤーの「N-05」を出力として設定します
早速音楽再生・・・

さすが噂通りの手ごたえ、サウンドのクオリティーを含め操作性もバツグン!楽曲のサムネイルもサクサク動きます 何と言ってもすごいのは圧倒的な楽曲のレコメント量、到底tag情報としてファイルに設定された情報をはるかに超えてます 楽曲のクレジットがこと細かく表示されたり、アーティストの情報がFacebookやWebサイトともリンクしてたり、関連情報からさらなるひも付けの曲を探し出せたり・・・聴きたい楽曲がすぐに見つかる ほんと気の合うソムリエがそばに居てくれているかのVIP感・・・

音量も手元でコントロールできるほか、DSPを利用して好みの設定に解りやすく変更できるカスタマイズ性もなかなかスゴイ!

歌詞カードも見ながらリスニング!レコードのジャケットを手に取るかのような至福感ですね~音楽好きにはたまらない一面も^^

いやぁ~「roon」面白いですね~ デバイスを切り替えたマルチルームでの使用方法や他の再生方法との音質の違い等々・・・いろいろと試していきたいと思います・・・少々「お高い」と思っていた「roon」でしたがこれほどのサポートを堪能できるのであれば納得^^ 今回身銭を切ったのは結果「roon」のサブスク料金 $119(おおよそ13,000円)くらい すごい音楽の楽しみ方の可能性を感じました


ここからfor you エリア・・・コメントを寄せていただいたオーディオファンの方へ
何かの参考になれば幸いです・・・

雨の日はこんなレコードが聴きたくなるよぉ~

今日はちょっとブレイク・・・小話?この前ハマったバンド・・・

モノクロームのシンプルなイメージ・・・
YouTube上でミリオン再生ヒットを叩き出しながら検索してもなかなか経歴などヒットしてこない謎多きバンド「Cigarettes After Sex」今まで存在を知らないバンドでしたがユーザー様のところで聴かせていただき一聴き惚れ・・・秋の夜長に、気分のどんよりした夜にも、 ロマンチックな シチュエーションなんて最高!・・・どこか懐かしく、甘く優しく、ちょっと背中を押してくれるような自然体な質感を感じる楽曲の数々・・・

Web検索でジャンルは アンビエントポップバンド って出てきたけど当てはまるかどうかは微妙・・・なんかまた聴きたくなってどうせならっとレコードをリサーチ・・・っで勢いでポチっちゃったのがこのレコード・・・

上がUK
下がUS

なぜか?2枚・・・そうなんです・・・UKイギリスからのエアメール便とUSアメリカからのエアメール便 どうしても最後選択できず両方頼んで2人で分け合うことに^^

っでこの2枚に違いがあるのか?聴き比べてみましたw

UK イギリスから届いたレコード
黒が濃い・・・レコードは少々剥離剤が残っているのか油分が乗っかっている感じ・・・梱包は綺麗で申し分ない・・・レコードは反りもなくいい状態
US アメリカから届いたレコード
全体的に黒が薄い感じ・・・梱包のせいか輸送中に押されたみたいでジャケットにレコードの跡が残ってて少々疲れ気味・・・若干ですが自重が6g重い・・・若干反りがあるのが残念・・・
まずは超音波洗浄機でクリーニング・・・
おそらくUK、USというわけでなく個体差だろうがUSの方の反りが気になる・・・
まずはUKイギリスから届いたレコードを試聴・・・マトリックスコードが異なることからUKとUS、異なるスタンパーから生産されたレコードであることは間違いなさそう・・・ さて、音にも違いがあるのかなぁ?

イ<UKイギリスから届いたレコードを試聴>
全体的にサウンドがまろやか 浮遊感の漂いとvocalとリズムサウンドとのハーモニーが自然な装い グレッグ・ゴンザレスの中世的な歌声が甘く脳内を心地良く通過し、肩のほぐれるような気持ち良さを感じるw


ア<USアメリカから届いたレコードを試聴>
vocalの定位感が立っててUKより芯の通った粒立ちと歯切れがよく、解像力が増した感じ オフマイク調でニュートラルな素朴さを感じさせるかなぁ、vocalと少し距離を置いて生録りされたようなバックメロディーがアンニュイな空気感を感じさせレコードの魅力が際立つ面白さを感じます^^


っと言うことで・・・雨降りの今日はこんなことしてちょこっと遊んでましたw・・・私は第一印象USアメリカから届いたレコードの方が好みかな^^反りが気になるけどこっちがほしい・・・

※最後までお読みくださりありがとうございます 文面の表現はあくまでも個人の感想です・・・個々のご意見を尊重しますm(__)m

けっして暇ではない・・・なわけで・・・

今週末レコードのイベントやります!って意気込んだもののなにか面白いネタをさがしてドタバタ・・・

イベント詳細はこちら

 

そういえば 今回「audio-technica」さんの協力でお借りするカートリッジの中にモノラルがあるんだった!

「VM610MONO」これこれ!これは試さないわけにはいかないでしょ~!

さて、コレクションに1枚くらいはモノラルカット盤があるだろうっとゴソゴソするものの探せば探すほど、調べれば調べるほど、モノラルかどうかがわからない???

ジャケットやラベルにモノラルですって書いてあれば察しが付くのですが これが意外と書いてないことに気づく・・・

1950年代後半から1960年代後半にかけて同じタイトルでもモノラルカット盤とステレオカット盤が両方発売されていたような記事はよく見かける・・・だが僕のはどっち?っと見分けがつかないことに今更思い知らされる
当時のステレオカット盤にはこれでもか!ってくらい「stereo」の文字が目立つのですぐわかる それだけステレオがカッコよかったのだろう!

リマスター盤もほぼ同様 ステレオが目立って書いてあるのでわかりやすい
でも 今はモノラルカット盤がほしいのだ~!

とりあえず1950年をキーワードに探してみることにしたら
意外といつもかけてる名盤「Sonny Rollins – SAXOPHONE COLOSSUS」1956年レコ―ディンが手元に 目を凝らしてジャケットとラベルを見てみたけど やはりモノラルともステレオとも書いてない・・・ググってみたら両方あるみたい・・・とりあえずかけてみて、アンプのメーターがLR同じ振り方をしている・・・

こうなったら物理的な手段に・・・顕微鏡で音溝を確認
面白過ぎて時間を使い過ぎてしまった・・・

全体的に多少バラツキがあるものの比較的 左右整ったシンメトリーな音溝であることが判明 これはモノラルカットっと思っていいんですよね~~~?

お願い 誰か「そう!モノラルだよ!」って言ってほしい

ちなみに現代のレコードは
「Melody Gardot – MY ONE AND ONLY THRILL」2009年盤

もちろん「ステレオカット」音溝の形状が左右で異なることがはっきり見えましたよ~

「VM610MONO」はモノラル専用で縦方向の振動感度が鈍く作られているため、ステレオレコードに使用すると盤面を損なう場合もありとテクニカさんのWebサイトにも注意喚起が!

さて、イベント当日 勇気を出して実験してみようかなぁ~・・・

かっこええ~!

あまりにもカッコよすぎて思わず写メってしまった・・・

お世話になってる先輩から頼まれてインポート購入
MELODY GARDOT / メロディ・ガルドー / ライヴ・イン・ヨーロッパ
アナログレコード盤 3枚組

女性ジャズ・シンガー&ソングライター メロディ・ガルドーがヨーロッパ各地で行ったLIVE音源(2012年~2016年までのパフォーマンス)を収録 代表曲も含め人気のカヴァー曲も入ってるライブベスト

「ハンディーを乗り越えた奇跡のシンガー」は有名な話・・・
彼女がもつこの強いボキャブラリーのルーツはどこからきているのだろう?
興味津々でググってもなかなか素性が出てこない・・・
多忙の母により ポーランド移民だった祖父母によって育てられ各地を転々
ペンシルベニア州フィラデルフィア出身ともニュージャージー州出身とも諸説の彼女 世界中の音楽から吸収されたようなメロディ
ボサやラテンティストも感じられる南米音楽要素もかんじつつ
ジャケット写真から想像とマッチするような淡々としたクールな音楽
それとは逆なウォーミーで癒される どこか懐かしい優しな音楽
ヨーロッパで活躍 今回のアルバムもヨーロッパライブ音源 製造元はチェコ?
ん~謎が深まる・・・
詳しい方いらっしゃったら教えてください~

うぅ~ん・・・空けたい・・・でもこれはお預かりもの
YouTubeでイメージ膨らませてガマン・ガマン・・・

やっぱカッコえええw~

ジューン・ブライド

今日は6月最後の大安土曜日 全国のブライダル関係者の方々はさぞかしお忙しいことでしょうね~
そんな6月の花嫁さんに何か1曲っと思って ごそごそmyライブラリーをあさってみました・・・

Patti Austin ファーストアルバム End Of A Rainbow(1976年) より
ch1. Say You Love Me すごいヘアースタイル・・・
言っておきますが録音良いとはいいがたい・・・
でも メロディーがとってもきれい
一度聴くと頭の中で何度もリピートされちゃいます
「愛してると言って」ちょっと自虐的な歌詞の内容も感じますが
私の好きなフレーズはリピートされる
「If you’d only say you love me, baby, things would really work out fine」
「あなただけが私を愛していると言ってくれるのなら すべてがきっとうまくいくでしょう」
こんないい曲なのになんでリマスターやセルフカバーでマニア向けのCD出してくんないだろうっと思っちゃいます 意外とカバーソングも少ないんですよね・・・もってるのは Vox One / say you love me くらい


CDにはなってないのですが映画 Boys on the Sideウーピー・ゴールドバーグがこの曲をアカペラでスローに歌い上げるシーンがあるんですね~
これは泣けます・・・ この映画 幸せな人は見ないでください・・・

どうぞお幸せに・・・

とお〜い きおく・・・

先日フォトグラファーの土屋氏から新しい「写真を送るね」っと数枚の写真を受けとったんですね・・・

僕は彼の写真がとっても好きで 癒されたり・・・ 勇気づけられたり・・・ まったりしたり・・・ 今回もその中から1枚お気に入りの写真

思わず頭の中を駆け巡った曲
Tracy Chapman New Beginning から ch.3:Smoke And Ashes
歌詞の中で何度も出てくる「I’ve got a red hot heart 」
赤い熱いハートを持ってます・・・あってるかな?

 

今振り返るとトゲトゲしてゆがんだ20代 うまくいかないことばっかり・・・
毎晩へこみながら車の中でこのアルバムを聴くとなぜか安らいだ記憶があります

写真を見ながら 久々に聴いてみよ~^^

 

あと もう一つ過ぎったのは さらに小学生まで戻った遠い記憶・・・
杉村尚美さん サンセットメモリー
テレビドラマ「炎の犬」の主題歌


「ブロンズの~♪ 風の中~♪ きらめくメモリー♪」ですよ~
いかん・・・泣けてきた・・・(T ^ T)

夏がくるぅ~^^

こんにちは 管理人のはにわです

ここ数日暑さを感じる日々
もうすぐ大好きな夏が近づいてきた~って思いでワクワクしますね~^^

さて 本日 7月1日 予定の試聴会イベント
SPEC魅惑のリアルサウンドコンサート with KisoAcoustic
Web告知スタートしました

毎度人気のスペックイベント 今回もご存じ スペック代表 石見氏があの熱い語りで盛り上げてくれます 今回はさらに友情出演 キソアコースティック代表 原氏と共演 このお二人そうとう濃いです もちろん内容がですよ~
盛り上がることまちがいなしの2時間 是非ご予定を空けておいてくださいね^^

今日はその石見氏に教えていただいたこのアルバムをご紹介
ちなみに石見氏は四日市富田のご出身 学生時代はさぞかし近隣でやんちゃなことだったと想像しちゃいます 卒業アルバムに載ってる四日市の方もいらっしゃるのでは・・・

Herb Alpert & Lani Hall Live  “ANYTHING GOES”


ch11.BESAME MUCHO (4:44)が最高にカッコイイ~!
何度も繰り返し聴いちゃいます^^

Herb Alpert 20代の方は知らない方も多いかも?っと言うことで ちょこっとだけ はにわの豆知識 あまりにも有名なのはニッポン放送深夜ラジオ「オールナイトニッポン」のテーマソング「Bittersweet Samba」そう あのトランペットを吹いてる方です またA&Mレコードの創設者の1人ということも有名なお話ですね・・・ 実はこのアルバムは夫人のLani Hallがメインのアルバムらしいですが やはり Herb Alpertが全部もってちゃっていってる~と感じちゃいました
ジャケットタイトルにもあるようにこのアルバムのヴォーカリストは Lani Hall 彼女の代表的な曲の1つに「007ネバーセイネバーアゲイン」主題歌があります ジェームズボンドと言えばショーン・コネリーという方には脳裏に浮かぶフレーズですよね~^^

実力派夫婦のまったりしたアンサンブルもHerb Alpertのアッパーなノリノリも感じられる1枚です

Herb Alpertのfacebookでお元気な動画も見れましたよ^^

ABBAな気分・・・

こんにちは 管理人のはにわです
暑くなるとなぜか聴きたくなるこの曲・・・
はにはにしてはちょこっと背伸びした世代ですが大好きなグループABBA
ご存じスウェーデンが生んだ世界的POPグループですよね~
女性2人男性2人の緊張した関係は長くは続かず1982年にグループ解散
初アルバムを出してから僅か9年ほどの活動でメンバー別の道へ進むことに
でもこの活動期間に製作した楽曲の功績は言うまでもなく数多くのアーティストに影響をあたえ続けているのではないでしょうか・・・
解散から17年後1999年 ミュージカル「マンマ・ミーア!」に起用され大成功を収め さらに9年後2008年映画化され 世界中が愛してやまない証ですね~
さてここまで言っといてご紹介したいアルバムはABBAのカバーアルバム“Rajaton sings ABBA”
っと言うのも先日お客様に共感いただき「買ってくるので写メらせて~」って・・・この言葉がむちゃくちゃうれしかったりする〜(≧∇≦)・・・


Rajaton たぶんカタカナで書くとラヤトン
フィンランドのアカペラグループ 女性3人男性3人 1997年結成以降現役です
やっぱりグループは3人が良いのかな~・・・
このアルバムはアカペラとオーケストラの共演 地元フィンランドのラハティ交響楽団と行ったコンサート収録のABBAカバーアルバム
オーケストラのスケールをしのぐ6人の歌声が圧巻
一味違ったABBAがたのしめますよ~^^

ご挨拶

今日からアップしましたブログサイト「Listening room at Yokkaichi musen」Please watch, listen, experience 管理人の はにわ です 今後ともよろしくお願いいたします 日頃の店内模様をいち早くご紹介をもっとうに音楽の話題で皆様とのコミュニケーションツールとしてお役に立てれば幸いです

まだまだ店内の様子をお伝えできない未完成な状態ですが日々の投稿で充実していきたいと思います どうぞよろしくお願いいたします

まずは自己紹介・・・

はにわは中学時代に友人の影響で洋楽に目覚め 当時小林克也さんの「ベストヒットUSA」を夜な夜な勉強と偽り欠かさず見ていた口の音楽好きな仮想スタッフです 今も洋楽は大好き 近頃は日本語のしみじみした言だまが身に染みる年齢になりました 今日はご挨拶代わりにはにわの好きなアルバムを一枚ご紹介・・・

Town Girl Blue 浜田真理子さん


・・・洋楽じゃないんかぃ~って声が・・・初めて浜田真理子さんに出会ったのは2004年毎日放送「情熱大陸」当時の番組では島根県松江で音楽活動を続けるインディーズミュージシャン メジャーオファーを断り水の都松江を愛する自然体の音楽と何より彼女の声にひと聴きぼれしてそれ以来ファンになっちゃいました 今や中島みゆきさんのカバーアルバムに参加されたり小泉今日子さんと公演されたり知る人ぞ知る存在 有名になられると冷める天邪鬼なはにわですが真理子さんだけは中毒になってますね~

今回のNewアルバムは12年間所属されてた地元マネージメント事務所美音堂を離れ新しいステージで製作された久々のフルアルバム・・・もう待たせすぎっすって感じです 詳しくは下手なはにわのレコメンドよりも真理子さんの公式Webサイトでどうぞ  YouYube視聴動画もあったりしますよ~ その内容と動画で見え隠れするレコーディングで使用されたアナログ機材の数々 こっこれは・・・はにわのマニア心がビンビン 気が付けばポチってました 皆様もご興味ございましたら店頭でお声がけくださいまし~

カテゴリー はにわ music box  ーはにわのオルゴールー では 当ブログ管理人こと はにわ がお送りするちょっと懐かしい音楽ネタをご紹介していきたいと思います80年代を青春してきた はにわ がハマる音楽を独断と偏見でつづれおり…はにわの心はとても弱いので皆様の温かいお気持ちで見守ってくださることを願って初投稿です コメントは弱い心が折れない程度に切にお願い・・・♪(* ̄・ ̄)//・・・いたします

では・・・ブログネタに困った時にまたお会いしましょう