当店は「キャシュレス・消費者還元事業」対象店舗です

対象決済手段

還元率:5%

還元上限: 25,000円/回・月

還元方法:後日使えるポイントで還元

適用開始日:2019.10.01


還元率:5%

還元上限:月額上限なし(但し一回のお支払いに 適用される還元上限額は2,000円となります

還元方法:実質値引き(支払い時に値引)

適用開始日:2019.10.21


還元率:5%

還元上限:15,000円/回・月

還元方法:実質値引き
 請求額からポイント相当額を相殺

適用開始日:2019.11.11
※2019.12.1 ~ DCカード発行のVISAカード対応

メモ:お手元のカード発行会社元により還元方法が異なる場合がございますのでご留意くださいませ


還元率:5%

還元上限:15,000円/回・月

還元方法:実質値引き
 請求額からポイント相当額を相殺

適用開始日:2019.11.11

メモ:お手元のカード発行会社元により還元方法が異なる場合がございますのでご留意くださいませ


還元率:5%

還元上限:15,000円/回・月

還元方法:実質値引き
 請求額からポイント相当額を相殺

適用開始日:2019.12.1

メモ:お手元のカード発行会社元により還元方法が異なる場合がございますのでご留意くださいませ


還元率:5%

還元上限: 期間中のご利用で
 最大135,000ポイントまで付与

還元方法: 1ポイント=1円で
 自動的にご利用代金に充当

適用開始日:2019.12.1

メモ:お手元のカード発行会社元により還元方法が異なる場合がございますのでご留意くださいませ

参考サイト


還元率:5%

還元上限:15,000円/回・月

還元方法:実質値引き
 請求額からポイント相当額を相殺

適用開始日:2019.12.1

メモ:お手元のカード発行会社元により還元方法が異なる場合がございますのでご留意くださいませ

参考サイト


※2019.11.28 現在の状況


※ キャッシュレス・消費者還元事業 要項に基づき弊社の解釈にてご案内いたしておりますが手探りな状況につき記述記載に誤りがございましたらご容赦くださいませ

キャッシュレス・ ポイント還元事業
(キャッシュレス・ 消費者還元事業)
https://cashless.go.jp/

事業実施期間:2019年10月1日(火)〜2020年6月30日(火)

YAMAHA フラッグシップ ターンテーブル「GT-5000」予約受付開始!

GT-5000 / YAMAHA

Gいよいよ!待ちに待ったあのレコードプレーヤー「GT-5000」が今年11月より発売開始決定!初回入荷に先駆け9月2日よりご予約受付スタートします!いち早く手に入れたいあなた様からのご予約 心よりお待ちいたしております 下記ご予約フォーム または お電話からも承ります


GT-5000
B:ブラック
2019.11 発売予定

ニューリリース記事


GT-5000
BP:ピアノブラック
2020.1 発売予定

ニューリリース記事


ご予約受付フォーム

YAMAHA ターンテーブル「GT-5000」

この度はご予約お申込みまことにありがとうございます

※このご予約フォームはご購入を確定するものではありません
お客様のご希望に添えますよういち早く台数を当店で確保するためのフォームです
ご販売についての販売価格、必要事項等は追ってメール、またはお電話にてご連絡させていただきます

※お申込みのタイミング次第では「初回入荷」に間に合わない場合もございます ご容赦ください

※ご連絡方法としてメール・電話、どちらかのご記入にご協力ください

ご予約製品・YAMAHA ターンテーブル「GT-5000」
GT-5000(B:ブラック)×1台 2019.11発売予定GT-5000(BP:ピアノブラック)×1台 2020.1発売予定
各色、おひとり様「1台」のご予約となります

ご予約製品・オプション「ダストカバー」(発売予定)
GT-5000 専用ダストカバー×1個
※発売時期については未定です

B&W 800 Series Diamond & The new 700 Series 展示機種ふえました

1階の試聴ルームにB&Wスピーカーが増えました あえて音の感想はうたいません・・・この機会にぜひ聴きにいらしてください^^

B&W 805 D3 (GLOSS BLACK)
B&W 702 S2 (ROSENUT)
B&W 705 S2 (ROSENUT)
B&W 702 S2 (GLOSS BLACK)
B&W グローバルサイトでリンクされている YouTube から The new 700 Series のデモコンテンツ カッコいい~
B&W 804 D3 (ROSENUT)

B&W 802 D3 (ROSENUT) は現在2階のシアタールームで展示中!迫力のホームシアターをご体験しにいらしてください^^

B&W 802 D3 (ROSENUT)
※現在、写真のセンタースピーカー(B&W HTM2 D3)は展示してません・・・っがそこは 802D3 センターレスでありながらファントムでのセンター定位感も臨場感も引き込まれちゃいます
B&W グローバルサイトでリンクされている YouTube から 800 Series Diamond のイメージコンテンツ どこを切り取っても堂々感
B&W グローバルサイトでリンクされている YouTube から 800 Series Diamond の製造工程コンテンツ ず~っと見てられる・・・こういうの好きやw~

お客様のいろいろなシチュエーションに似合ったB&Wがお待ちしてます 一度お聴きになってみて^^

marantz M-CR612 入荷しました

marantz M-CR612 が入荷しました
前モデルも大変人気でこのシリーズには期待が膨らむところです^^
一筐体にアンプ、CD、ネット―ワークオーディオ、ラジオも、Bluetooth、AirPlayと音楽を楽しむための機能が盛りだくさんなんです~
プレミアムHiFiシリーズのノウハウを生かした「フルバランス・デジタルパワーアンプ」が刷新、さらに音質向上されたということなのでクラスオーバーともいえるDYNAUDIO「EVOKE10」を接続してみました これは耳のこえたあなたにも一聴していただきたいポテンシャル・・・まだまだ可能性の伸びしろを感じさせてくれます
marantz、DENON と言えば・・・「HEOS」もうお使いですか?今回さらに Amazon Alexa にも対応 すごい便利性がアップ!音声アシスタント機能をちょっと試してみました^^
音質もかなりグぅー!サクサク感もなかなかいい感じですね~ 動画では著作権の事情、ヴォリュームを上げれないのがとても残念・・・普段スマホで聴いてるストリーミングの音質と比較してもらいたいっす

もう、もりもり、マシマシなこの一台「M-CR612」ぜひ店頭でご体感ください^^

6/20 発売!ESOTERIC SACD 新譜リリース・ニュース

ブラームス
ハンガリー舞曲集(全曲)


クラウディオ・アバド(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 

品番:ESSG-90200
ジャンル: 管弦楽曲

定価:3,611円+税


シューベルト
アルペジオーネ・ソナタ
シューマン

幻想小曲集/民謡風の5つの小品

ミッシャ・マイスキー(チェロ)
マルタ・アリゲリッチ(ピアノ)

品番:ESSD-90201
ジャンル: 室内楽曲

定価:3,611円+税


ハイドン
交響曲集

フランス・ブリュッヘン(指揮)
18世紀オーケストラ

品番:ESSD-90202/04  3枚組
ジャンル: 交響曲

定価:10,833円+税


※ご予約受けたまります
(入荷数の都合上、お電話にてお問合せください)
059-345-0931

数に限りがございます どうぞお早目に!

DALI “EPICON8” 試聴ルームsetting 変えてみました・・・

2019.04.27 現在の1F試聴ルーム

GW前にD&M ImpoetAudio “DALI”プロモーターの松元氏がご来店 DALIについてたっぷりお話できました^^ 今回はその中からセッティングに関したこぼれ話をご紹介・・・

DALI EPICON8 多分に漏れずスピーカーセッティングの代表格スパイクセッティング・・・スピーカーと床との設置面積を最小限にピンスパイクで接地させることで床との共振を防ぐとともにスピーカーから生じる振動を抑制させ解像力の高いエネルギー感が期待できます・・・また付属の本体より2周りも大きいスカートを接続することで転倒防止機能としても大きな役割を果たします

このセッティング状態の中、もっとDALIの本質を探るべく、DALI本社ではどんな感じでティスティングされているんですか?素朴な疑問をぶつけたところ、意外な回答が・・・「スパイク、スカートを外して「ポッン」っと直に床に置いてみて^^・・・「えっ?」いいの?・・・

こういったことはやってみないと解りません・・・早速取り外してみましょう!・・・本体とスカートは4本のボルトでしっかり固定されてます・・・
本体とスカートを切り離すとこんな感じです・・・・スカートもしっかり重い・・・見えない底面もキレイですね~
では、直に置いてみます・・・うん~・・・なんだかセッティング手抜きしているみたいで周りの視線が気になるなぁ~・・・でもそういえばDALIのカタログもWebサイトもこの置き方だなぁ・・・振り角も以前の内ぶりをさらに緩やかに ほぼほぼフラットにしてみます・・・
このCDにもDALIのこだわりが・・・目からうろこなお話お聞きしました・・・そのあたりはまた店頭で・・・
では・・・ティスティング・・・「んぅ?」なかなかいいかも・・・空間に自然なゆとりが生まれ以外にもタイトなキレもある スパイクの時と大差を感じさせない解像度も出てるし、それ以上に楽しく広がる音楽感が気持ちいい!リスニングポジションも大きくどこで聴いてもステージが見えてくる感じはDALIらしい!しばらくこのセッティングでならしてみよう~

今回 松元氏からの指摘でDALIの可能性がまたまた垣間見れる体験をしました^^ありがとうございます やってみないとわからないものですね~・・・DALI曰く ご家庭でストイックなセッティング環境が取れないお客様への想定を開発にも反映させ このようなイージーなセッティングスタイルでのチューニングにも力を注いでいるとのこと・・・またいろんなセッティングを試したくなってきました^^

※今回の事例はDALI本社で行われているセッティングパターンをまねた店頭でのセッティングテストです DALIが推奨するセッティングと言う意味ではない旨ご了承くださいませ・・・またDALIフロアスピーカーに付属するスカート類は転倒防止のために大きな安全性を担うパーツです 取外しを行いますと転倒性が高まります 取外しを推奨する記事ではございませんのでご理解ください

レコードクリーナー Kirmuss Audio / KA-RC-1 デモ月間

以前にも取り上げさせていただいた Kirmuss Audio (カーマス・オーディオ) 超音波方式・レコードクリーナー「KA-RC-1」

今日は大活躍!ほんとキレイになるし、見違える音がレコードから浮き上がってきますよ~・・・

っと言うのも・・・先日とある町のとある音楽の大先輩からご自身の貴重盤をボランティア基金のため大量に手放すんだぁっとの情報を聞きつけ観に行かせていただきました・・・すると、あるは・・・あるは・・・欲しかったアルバム達・・・お値打ちだし、ボランティアにもなるし、大喜びで大量に手に入れることができました・・・先輩ありがとう!っで今日はレコードの大お洗濯!っというわけです・・・

たとえば、皆様ご存じ DaveBrubeckQuartet “TIME OUT” オリジナルリリースは1959年Mono盤 今回手に入れたアルバムはアルバムジャケットにTAKE FIVEの印刷が追加されていることから TAKE FIVE がヒットしてからの1960年代リイシュー盤だと思われますがマトリックスコードからひも解くとオリジナルに近い世代のMono盤に見受けられます・・・かたや以前購入した “TIME OUT” は2012年リリースのステレオリマスター盤、ちょっとこだわって180g重量盤です・・・現在でも新品で購入できますよ・・・

恐る恐る・・・聴き比べてみましたら・・・
断然私は今回手に入れた中古Mono盤派!S/Nの悪さはあるものの、ピアノのリズム感、alto saxの伸びやかさ、bassの安定感、drumsのシンバルがなんせ新鮮!なんで古い方がいいの?

赤いラベルが古い方・・・手元の左側ジャケット
新しい方が青いラベル・・・手元の右側ジャケット(STEREO)て入ってますけどオリジナルに近いデザイン・・・ややこしや~・・・

レコードを製作する過程に オリジナルのマスターから原盤へのカッティング「ラッカー盤」→ラッカー盤を元に銀メッキを施し、さらにニッケルメッキを厚く施し、剥離し、凸型の金属板に仕上げた「メタルマスター盤」→メタルマスターを元に厚く銅メッキを施し剥離して仕上げた凹型の「マザー盤」→マザーにニッケルやクロムメッキを厚く施し、剥離して仕上げた凸型の「スタンパー盤」→スタンパーから市販されるレコードがプレスして出来上がります・・・一般的にスタンパーは消耗品で一定枚数のレコードプレスで(2000枚程度)使い切ったら「マザー盤」からまた新しいスタンパーをつくります・・・

昨今よく見かけるリマスター盤は大元のオリジナルマスターからの音源をリマスタリングエンジニアの手によって最新の技術を投入し仕上げ直すもので、ノイズの除去や経年劣化や再使用で失われたマスターの音域を再現させたりと利点も多くあります その分リマスタリングエンジニアの解釈や技量、さらにラッカー盤を製作するカッティングエンジニアの技量など、責任重大です 私も数々のリマスター盤で感動をいただいてきました^^

今回のようにファーストプレスに近い存在のレコードにめぐりあって 中古のレコードの方に感動した理由は、1959年のアーティストDaveBrubeck感性と息遣い、当時の匠のエンジニアたちが持つ技量に触れれたところでしょうか・・・ファーストプレス時にはおそらくDaveBrubeck自身もレコードの監修に参加して エンジニア陣と切磋琢磨してこのアルバムを世に送り出したに違いありません・・・
DaveBrubeck をリスペクトするエンジニアたちの手によってつくりだされたリマスター盤も素敵だと思います・・・
でも今日は一先ず新たに手に入ったこのレコードでDaveBrubeckに前より少し近づけたような気がして涙が出ましたw^^

※当社ではレコード30枚程度のクリーニングごとに洗浄用の精製水を入れ替えて新鮮なクリーニングを推奨してます

汚れた精製水の排水も楽々!
取っ手がついてて軽量なのでバケツなどを使わなくても台所へ持って行って ジャぁ~
洗浄タンクも開放型なのでお掃除楽々!
あらっビックリ!こんなにレコードらか汚れが落ちてたのね~
精製水の充填も楽々!
高いところからいきなり ジャぁ~
LPだと一度に2枚洗浄できます

皆様にその効果を体験してもらいたく、店頭で私を見つけて「レコード洗濯して!」を合言葉に「レコードクリーニングお試し体験会」実施しますよ~!
お一人様2枚までお手持ちのレコードを無料クリーニング!(2019.3 末まで・・・)

2018.10.4 の投稿もご参考に^^

3月10日 & 20日発売!ESOTERIC SACD 新譜リリース・ニュース

ESOTERIC SACD 新譜リリース・ニュース


2019年3月10日 発売

ブルックナー:交響曲第9番
カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

品番: ESSG-90195
仕様: Super Audio CDハイブリッド
ジャンル:交響曲




2019年3月10日 発売

シューベルト:即興曲集
マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)

品番: ESSG-90196
仕様: Super Audio CDハイブリッド
ジャンル: 器楽曲




2019年3月20日 発売

チャイコフスキー:交響曲第4番・第5番・第6番「悲愴」
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

品番: ESSG-90197/99(3枚組)
仕様: Super Audio CDハイブリッド
ジャンル: 交響曲


※ご予約受けたまります
(入荷数の都合上、
お電話にてお問合せください)
059-345-0931

数に限りがございます どうぞお早目に!

ヤマハAVセパレート「CX-A5200」&「MX-A5200」&ソニー4Kプロジェクター「VPL-VW555」展示しました

昨年末 新発売された、ヤマハ・セパレート・AVプリアンプ「CX-A5200」 展示したブラックモデルに合わせてオーダーかけてた相棒のパワーアンプ「MX-A5200」ブラックモデルがようやく入荷しました!ヤマハさんはいつもご成約のお客様優先なのです^^・・・

っで「MX-A5200」に合わせて やらねばやらねばっと牛歩していた「VPL-VW555」の天吊り入替作業もやっちゃおぉ~っと・・・

けっこう大仕事なのです・・・

昨年末のイベントでも好評だったB&W「802D3」このスピーカーにはもうしばらくシアタールームで活躍してもらおう・・・重たくて動かすのがいやだ・・・さてこいつを鳴らすには・・・

そう、「MX-A5200」にはあらたに取り入れられた「BRIDGE」出力モードに対応しているのです^^ BRIDGE接続では1chで定格230Wもある高出力のパワーアンプを2ch分のパワーアンプを使用してひとつのスピーカーを駆動するのです・・・すっすごい・・・

今回はサラウンドバックを犠牲にしてフロント重視、BRIDGE接続 9.1chでいきましょう!いや今センターがないので8.1chになっちゃうなぁ~・・・

接続が完了したところで早速音場測定 今回は8か所マルチ測定で空間をしっかり補正してもらいましょう

何とか形になったかな^^~ もうちょっと追い込んでみようと思います

シアタールーム新しい機材入ったので視に来てね~^^

YAMAHA 「CX-A5200」入荷!

AVアンプが「Alexa」に対応!

<2018.11.01 追加blog>

今日、第3世代「echo dot」が届いてきたw・・・うちで仕入れられないのがちょっと悔しいけれど・・・ヤマハのAVアンプが「Alexa」に対応したと聞いて 早速試してみました^^

まだまだ色々楽しめそうな予感・・・


<2018.10.25 blog>

待ちにまってました!
ヤマハ セパレートAVプリアンプ
AVENTAGE「CX-A5200」が入荷しました!

早速 当店試聴ルームも入替作業!

とにかく他のことは後回しにして開梱
この瞬間はいつもながらワクワクしますね~

前モデルの「CX-A5100」と 新発売「CX-A5200」を繋ぎ変えます

とにかく配線が多いので線をつなぎ変えるだけでも大変ですっと言うことで玉ちゃんに任せます・・・

フロントパネルは良くも悪くも変わりバエない感・・・なんですが・・・

「おおぉ~っ」SURROUND : AI が輝く!^^

ボリュームを上げて・・・第一声! ちょっとびっくりしました!
心に「グッとくるではないですかぁ~!」

もうこの時点で今日は満足!

画面にも思わず「AIモニター」を出しちゃいます^^
どんなシーンでどんな効き目がかかっているのか良くわかります

今晩はタイムオーバーで聴き込みは明日に・・・しばらく籠りそうです

まだまだ調整なかばですがサウンド面の変化はそうとう期待できそうな予感^^

後日体験談追加予定です


ぜひ ご体験ください^^
今までの映画も きっともう一回みなおしたくなりますよ~

前モデルからの買い替えご検討中の方!下取り頑張ります~!