BLOG

楽しみ方は
人それぞれ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. イベント
  4. 遅ればせながら・・・
四日市ムセン

遅ればせながら・・・


先週末イベント ご参加くださいました皆様へお礼

SPEC魅惑のリアルサウンドコンサート with KisoAcoustic
ご参加 ご支援 くださいました皆様 感謝!感謝です!

募集人数を上回る皆様方からのお申し込み
一部のお客様には補助席でのご試聴にご協力をいただき感謝申し上げます

予想通りの延長・・・2時間押しの長丁場になるイベントでしたが
素敵な音楽に興味深いお話 あっという間に過ぎてしまいました

前半 SPEC代表 石見 周三 氏のプレゼンからスタート
世界最大のミュンヘンハイエンドショーで3年連続受賞の実力を目の前で体感 熱く語っていただきました
リアルな楽器の表現力をいかに楽しんでもらえるか
自身で足げなく通い詰めた名立たるコンサートホールから世界中至る所で開催されるライブまで音楽への追及心がこのアンプにつぎ込まれているのだと感じました 海外出張時の空いた時間には今でもクラシックコンサートには2回チケットを取られるそうです 1回目は最前列 マエストロが感じる生音 無数の楽器から飛び出る音圧を体感 2回目は中後列 音楽性豊かなオーケストラレーションをホールトーンとともに心から楽しむ 石見氏の音楽への情熱が垣間見れますね~^^

後半 バトンタッチしまして KisoAcoustic代表 原 亨 氏がステージに
開発者ご本人からKisoAcousticスピーカー“HB-X1”の魅力をプレゼン
ご参加の皆様が身を乗り出して耳を傾ける興味深いお話のオンパレード
それもそのはず 聴いてビックリ!サイズからは到底想像もできないライブステージ級の臨場感豊かな音楽が飛び出して圧倒されっぱなしです
冒頭 イーグルス「ホテル・カリフォルニア」からスタート
KisoAcousticと同じく木曽で生まれた楽器ブランド タカミネ
“HB-X1”はその高峰楽器製作所とのコラボレーションで楽器職人の手によって生み出された逸品 ホテル・カリフォルニアのイントロにはイーグルスのグレン・フライがタカミネの12弦エレ・アコを使用 まさに家元の音色を体感です
これは今でも耳に残る感動でした^^

今回 SPEC代表 石見 周三 氏  KisoAcoustic代表 原 亨 氏 お二人によるコラボイベント セッティングの模様からイベント中のトーク ほんとうに勉強になりました お疲れのところではありましたがせっかくなのでっと四日市の夜をご一緒させていただいたのですが このお二人の音楽ファーストなスピリッツには感銘です どこまでも熱く夜が更けて・・・^^ 貴重な体験をさせていただきました ありがとうございました

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

カテゴリー

広告エリア