オーディオ monthly メニュー イベント part.3

  文月(7月)限定メニューは
「Hi-Res/ハイレゾ」!
特に今、話題急上昇!
「MQA」にフォーカス!
 
     
  「ハイレゾ」の魅力に迫る monthly イベント!  
  これから「ハイレゾ」をはじめられる方にも、もうはじめられている方にも、きっとためになるファイル再生アレコレ!今回は特に話題の「MQA」が冴える、おすすめの組み合わせをセットしました  
     


ハイレゾの魅力って?
ファイル再生のメリットはすでに実感されている方も多いはず・・・
スマートフォンや車で移動中に聴いたり、ご家庭でBGMで楽しまれたり、これらは比較的「MP3」や「AAC」などいわゆる高圧縮ファイルというもので、データー量が小さいため取り扱いしやすいメリットが大きいのですが、本来のアーティストが表現したい情報が結構な割合でカットされているんです・・・どうせ楽しむのならCDの情報量を超える「ハイレゾ」でっと思いませんか?「いやいやハイレゾは容量が大きいしダウンロードにも時間がかかるので・・・」っとお思いの方、「MQA」はそんな悩みを解決してくれる期待のフォーマットなんです!

ハイレゾの魅力は何と言ってもレコーディングスタジオクオリティーでアーティストの表現力をご家庭で再現できるフォーマットではないでしょうか・・・
そのために欠かせないのが音域の壁を越えてパッケージ化すること
聴こえない超高域の音も残さず記録することでアーティストが音楽に込めた想いや空気感までも再現してくれる魅力がたまりません

そんなハイレゾの高解像度ファイルともなると大容量化が否めません・・・そのあたりが高音質で聴きたいピュアオーディオファンの方が悩めるところではないでしょうか?

※ご家族や移動時にもシュアできるコンテンツとして共有しにくい難しさ
※配信サイトでの長時間ダウンロード
※保存用NASの大容量化
※LANやUSB伝送時のトラブル
※DISC媒体への記録・再生

等々・・・がありました・・・っで登場したのが「MQA」テクノロジー

こちらのネットワークプレーヤー ESOTERIC「N-05」
いち早く2018.6.14よりファームアップにより「MQA」に対応!


MQAに関しての詳細は開発元の
「MERIDIAN Webサイト」
をご参照

「MQA-CD」に関してはこちら

What’s 「MQA」?

MQA・・・Master Quality Authenticated
スタジオのマスタークオリティーをありのままに再生する「デジタルでもアナログのように柔らかく、広がりのある高音質を再現する」

こんなコンセプトから誕生したMQA

これは聴いて損はないはず!MQAの魅力をご体験してみませんか?


MQAは他のハイレゾファイルフォーマットと異なる特徴があります

小容量化への技術・・・
よく耳にするハイレゾファイルで代表的なのは「FLAC」や「ALAC」これらは圧縮「可逆圧縮(ロスレス)」と言われるもので原理的にはギュギュっと押し込んでパッケージ化し再生時もとに復元するもの おおよそ2/3程度に小さくできます

それに対して「MQA」は「MP3」や「AAC」と同じく「非可逆圧縮(ロッシー)」一見、元の情報を切り捨てているように見えますが、サウンドのパッケージ化に際して高音域の情報を折りたたんで収納させている感じ 通称「音の折り紙」とも言われています この方法で圧縮させるとおおよそ1/5程度まで小さくすることができ、「MQA」対応機で再生させると、もと通り^^ さらに非対応機でも独自情報を含まない通常のPCM再生が可能な優れもの


※一見、ローファイルに見えていて実は可聴帯域に高音域成分が折りたたまれて収納されてます「MQA」非対応機では折りたたまれている成分は無視され通常のファイルとしてPCM再生されます


※「MQA」対応機では折りたたまれている高音域成分がもとどおりのハイレゾファイルとして展開され高音質の「MQA」音源として再生されます

日本で「MQA」での配信をスタートしたe-onkyo music サイト
Eagles Hotel California(Remastered)6分31秒
192kHz/24bitハイレゾ音楽ファイルの場合

※FLAC・・・約241MB
※MQA・・・約81MB

この差は大きいですね~


MQAは大容量の高解像度ファイルを小容量化する技術とともにアナログからデジタルに変換する過程で発生する「リンギング」を1/10程度まで抑えるフィルターを使用する より高い時間精度を実現させることにより、ボケや滲みの少ない定位感・音場感をより正確に再現できることも大きな魅力ですね~
私も実際に聴いてみるとFLACファイルに比べ心地のいい余韻と空間表現がナチュラルなイメージが印象的でした 聴き比べも面白いですね^^


<セッティング機材>

※ネットワークプレーヤー・ESOTERIC・N-05
※CDプレーヤー・Accuphase・DP-430
※プリメインアンプ・Accuphase・E-270
※マスタークロックジェネレーター・ESOTERIC・G-02X
※オーディオNAS・DELA・HA-N1AH20/2

※スピーカー・DALI・EPICON2

  開催概要
  title   「オーディオ monthly メニュー イベント」part.3
「Hi-Res/ハイレゾ」話題急上昇!「MQA」ってなに?
  date    2018.7/14(sat) ~ 7/31(tue)  (定休日を除く)
  time   open:10:00 ~ close:19:00 営業時間中・随時 
  staff   私たちがご案内いたします
樋口浩次 / Yokkaichi musen
    私たちがご案内いたします
玉田直樹 / Yokkaichi musen
  ticket   参加無料 <ご予約優先>
担当スタッフが不在の日もございますのでご希望の方は事前に
「イベント申し込みフォーム」よりご予約ください
 当日のご予約はお電話にて承ります  tel. 059-345-0931
  place   四日市ムセン
510-0884 三重県四日市市泊町4-12    tel : 059-345-0931

「イベントお申し込みフォーム」はこちらから

※お電話でのお申込み お問い合わせは 059-345-0931 まで
(当日のお申し込みはお電話にてご確認ください)


※進行上、試聴機材・内容等が変更される場合がございます 予めご了承くださいませ


  他の試聴室では通常試聴を行っております
   
  オーディオをこれからはじめられる方、
  ステップアップをご検討の方、
  お好みの音色をお探しの方、

ご来店お待ちしておりますぜひ、ご相談くださいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です