CINEMA IN HOME「ハリウッドスケールの重低音」

ホームシアター導入事例

驚愕の重低音!今回のミッションは防音シアタールームへのステップアップ納品です なんと38㎝ウーハーのJBL「S4700」フロント筆頭に、1㎾ヤマハリファレンスサブウーファー「NS-SW1000」を2台使い!興味津々!さて、始めましょう!

おかげさまで晴天!晴れ男継続中^^ さすがのハイエースもパンパン!手前に積載されたJBL「S4700」本体重量1本54.5kg梱包段ボール含めると60kgオーバーの超重~い品・・・荷運びベルトを体に装着して安全に搬入開始です
JBL「S4700」無事フロントスピーカーを入れ替え完了、以前お使いのスピーカーは下取りさせていただきました このJBLは以前よりオーナー様が耳に留めていただいていた品!なんといっても「憧れの38ウーハー!」前回のスピーカーは13㎝ウーハー・・・圧倒的な音圧の差に期待が膨らみます^^ まだまだ音出しはこの後・・・
この度フロントスピーカーのステップアップに伴いDolbyAtmos、4KHDRにも対応すべくAVアンプも更新!チョイスされたAVアンプはダイナミックなサウンドレンジが持ち味のDENON「AVC-X6500H」11.2chのフルスペックモデル!この機会にスピーカーケーブル端末も古く酸化した導線は切り落とし、新たに剥き直してバナナプラグに加工・・・すっきり確実にチャッキングしてリフレッシュ!^^
最新の4KHDRを採用したUHDブルーレイディスクを再生すると・・・非対応のプロジェクターだとこんなメッセージが・・・HDCP2.2は著作権保護規格の一つで4Kのコンテンツの著作権を保護するために対応したICが機材に入っていないと表示できない仕様になってます・・・意地悪ですよね~もっと優しい言い方にしてほしいw・・・っというわけで今回はHDCP2.2に対応したプロジェクターへ更新・・・
まずは既存のプロジェクターを取外し新たに天吊り金具のベースを固定していきます・・・この時の墨出しが大事・・・プロジェクター天吊りの際、レンズ収差を最大限に抑えるため基本スクリーン面に対してレンズを平行、中心に持っていきます、プロジェクターのちょっとのズレがスクリーン面では何センチものズレに繋がります 専用ルームの場合、縦方向のレンズシフトはやむ得ませんが可能であれば横方向のシフトは基本利用せず補正機能を最小限に抑えたセッティングを目指します
次はプロジェクターと天吊り金具の固定・・・親切に締め付けトルクの指示まであります・・・ありがたいですね~^^
取付完了!パワーオン!
プロジェクターの角度を微調整しながらスクリーンにぴったりはまり込むよう追い込んでいきます・・・しばらく投影してレンズが落ち着いたところでパネルアライメントの調整・・・これが結構大変・・・目がしょぼしょぼしてきます・・・
うん!なかなかのぴったり!いい画力が出てきました^^
試聴位置からスクリーンに左右のスピーカーが被らないように限界までベストなポジションを追い込みます・・・
新規導入のDENON AVアンプ「AVC-X6500H」、SONY 4KUHDブルーレイプレーヤー「UBP-X800M2」、既存のPanasonicブルーレイレコーダー、今回のために4Kモデルへと更新されたケーブルテレビチューナー、それぞれ接続と、設定を最適に合わせていきます・・・
時代の変化でしょうね~今やシアター機材はインターネットに接続しないと機能がフルに発揮できない!オーナー様のお部屋は防音室・・・おのずとほかの部屋に設置されたルーターからのWiFi電波状態はよろしくない状況・・・今回ネット環境も整備・・・ルーターから壁隣に1台、シアタールームに1台と、アクセスポイントを経由させ最新のAiMesh方式でネット接続、電波死角をつぶすことによって安定したネット環境を構築、AVアンプ、UHDブルーレイプレーヤー、ブルーレイレコーダー、4Kケーブルチューナーとすべての再生機材が繋がりました^^
合わせて詳細部分の設定を一通り見直していきます・・・AVアンプとプロジェクター共々、HDMI4K信号フォーマットを拡張に設定・・・デフォルトでは標準になっていることが多いので要注意ですね
さあ、設置作業も終盤・・・残りの力を振り絞ってYAMAHAサブウーハー「NS-SW1000」を開梱!なんて重いんだ!・・・
JBLの38cmに引けを取らないサブウーハーとしてピックアップしていただいたのはヤマハ「NS-SW1000」しかもシンメトリーに2台!前回下見の際に気になってた既存のウーハー「トランスフォーマー/ロストエイジ」の冒頭シーン 宇宙船が登場するときに鳴り響く地響きのような重低音・・・小型ともあってかなりクリップ起こしてたんですよね~今回の「NS-SW1000」は心配ご無用!躍動的な1kWの出力!調音されたシアタールームならではの等身大の重低域スケールを思う存分表現してくれます!
ではでは、機材が整ったところで最終局面・・・ルームに合わせた自動音場補正を開始・・・DolbyAtmosに対応した11.2chフルチャンネル!そうとうな期待で胸が高まります^^
セッティング完成!動作チェック、まずは4K放送・・・おぉおおお!凄まじい臨場感!まさにスタジアムのフィールドに立っているかのようなド迫力!思わずスクラムのぶつかり合いで身が引けてしまったw^^
照明を落として視聴・・・浮き上がるグリーンの上に立つ大男達!リアリティーありすぎ!3Dを超えてますね~
波打つ会場の歓声が部屋のスケールを超えて広がりバランスのいい空間が気持ちよく感じます・・・
お待ちかね、ついに待望の4KUHDブルーレイディスクを再生!
オーナー様はかなりレアなソフトコレクションを秘蔵されている映画大好きな方
この日のためにご用意されていた名画をチョイスしてくださいました
「今まで2Kで何度も鑑賞した映画ですが4KUHDで改めて鑑賞すると期待通り!臨場感がすごいですね~」っと喜びを浮かべながら映画に没入・・・お納めする私たちもこの瞬間がたまらなく嬉しいですね~

一瞬で虜にされる壮大で躍動感あふれるダイナミックなサウンド!まさにハリウッドスケール! お部屋も専用設計されたシアタールームともあり、防音性、調音性とも製品の性能を引き出すうえでこの上ないポテンシャルが発揮できていると感じます・・・また2台のウーハーが心地良くJBL「S4700」と絡み合い、相乗効果でしょうか、JBLの中高域成分も分解能が上がりより広がったステージが浮き上がってきます・・・もちろん余裕の重低音は、ある時は自然で、ある時は腹の底からドッキとまるでみぞうちを喰らったかのようなパンチがシーンシーンで繰り広がります・・・これはやみつきになりますね~


今回のシアターシステム更新にあたり、スムーズな取り計らいをくださいましたオーナーのÝ様、まことにありがとうございました またお気にいりの映画を教えてくださいね^^  これぞ映画の醍醐味しっかり味合わせていただきました ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です